zabbix

zabbixからslackにpostする

  • incoming-webhook を使う
    • slack側でurl取得を行なっておく.
  • 方針として,zabbixではmediaを使ってactionでひっかけてtriggerする感じ.
    • mediaを登録
      • 管理->メディアタイプ
      • 名前は適当,タイプはスクリプト,スクリプト名はスクリプトのファイル名.
      • scriptはzabbix directoryのalertacripts配下に置く.
        • /usr/lib/zabbix/alertscripts/slack_notify.sh
    • ユーザにmediaを紐づける
      • 管理->ユーザ->ユーザ(ユーザグループではない)->メディアタブ
      • 通知したいuser(通知用userでもなんでもよい)のmediaに上記mediaを紐づける.
      • ここの送信先がスクリプト呼出の第1引数になる.
    • actionの設定をする.
      • 設定->アクション->アクションの作成
      • 名前は適当,
      • 件名がスクリプトを呼ぶときの第2引数になる.
      • メッセージがまるごとスクリプトを呼ぶときの第3引数になる.
        • メッセージに乗っけるマクロの書き方とかはmanual参照
      • 実行内容はメッセージの送信で先ほど紐づけたのユーザが含まれるユーザグループや,そのユーザに送信するよう選択.次のメディアのみの使用で登録したmediaを選択.
      • その他適切に自由に実行条件等をチューンする.
      • もうひとつのやりかたとして,実行内容でリモートコマンドの実行とする手がある.
  • GitHub - ericoc/zabbix-slack-alertscript: Zabbix AlertScript for Slack.com chat

時刻監視

項目  値
名前  お好みで
タイプ zabbixエージェント
キー  system.localtime
データ型  数値(整数)
更新間隔  お好みで
  • zabのトリガとして必要に応じて下記を登録
項目  値
名前  お好みで
条件式 {<template_name>:system.localtime.fuzzytime(<diff_threshold>)}=0
深刻度 警告(お好みで)

zabbix-agentにスクリプトを叩かせる.

  • 下記のような単純な構成のときに,zabbix-agentdに任意のシェルスクリプトを配置して,zabbix-serverで結果を取得したい.
  +------------+
  |  zabbix    |
  |   server   |
  +------------+
        |
        |
  +------------+
  | (zabbix    |
  |   proxy)   |
  +------------+
        |
        |
  +------------+
  |  zabbix    |
  |   agentd   |
  +------------+
  1. /var/lib/zabbix/bin/ 配下に実行したいスクリプトを配置する.(別に,ここ配下ではなくてもよい.userparamを書くときにパスを記載する.)
  • ex.) ntpcheck.sh
#!/bin/sh
/usr/sbin/ntpdate -q $1 >/dev/null ; echo $?
  • own,permissionはzabbix:zabbix(0755)程度にしておくとよさそう.
  1. /etc/zabbix/zabbix_agentd.d/ 配下にUserparamファイルを作成する.
  • 用いる機能別にファイルを分けると管理が容易だと考えられる.
  • ex.) /etc/zabbix/zabbix_agentd.d/proxydns.conf
UserParameter=script.ntpcheck,HOME=/var/lib/zabbix /var/lib/zabbix/bin/ntpcheck.sh
  • ここで指定した UserParameter=script.ntpcheck がzabbix-serverでitem登録する際のkeyとなる.
  • あとは通常通り,zabbixにてitem登録を実施する.
  • ex.)
Name: Proxy DNS
Type: Zabbix Agent
Key: script.ntpcheck
...

zabbix install battle

wget https://repo.zabbix.com/zabbix/4.2/ubuntu/pool/main/z/zabbix-release/zabbix-release_4.2-1+bionic_all.deb
dpkg -i zabbix-release_4.2-1+bionic_all.deb
apt update

zcat /usr/share/doc/zabbix-server-mysql/create.sql.gz | mysql -uzabbix -p zabbix


# vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
DBHost=localhost
DBName=zabbix
DBUser=zabbix
DBPassword=<password>

php_value max_execution_time 300
php_value memory_limit 128M
php_value post_max_size 16M
php_value upload_max_filesize 2M
php_value max_input_time 300
php_value max_input_vars 10000
php_value always_populate_raw_post_data -1
# php_value date.timezone Europe/Riga
Now you are ready to proceed with frontend installation steps which will allow you to access your newly installed Zabbix.

Note that a Zabbix proxy does not have a frontend; it communicates with Zabbix server only.

Agent installation
To install the agent, run

# apt install zabbix-agent

tcp/10050 port あけるとか.

https://www.zabbix.com/documentation/4.2/manual/installation/install_from_packages/debian_ubuntu
https://qiita.com/hirotaka-tajiri/items/fa8a6dbaf1ddf1b59cdd